ABOUT
AVIATION

航空に関する事業

多くのヘリコプターを配備する必要性

2011年3月11日の「東日本大震災」では、ヘリコプターが救援サポートを行える唯一の交通手段となりました。 自衛隊等の大型ヘリコプターが大活躍しましたが、一方で大型であるために機動力に欠け、 狭い場所での離着陸が困難な状況もありました。
大震災直後の寸断された被災地の病院から医薬品や特別食を小型ヘリコプターで搬送する依頼を受け、 出動した経験から、機動力のある小型ヘリコプターの分散配備こそが、今後いつどこで発生するかわからない 大震災等激甚災害に対し有効かつ必要と強く確信致しました。
この思いを実現するために「一般社団法人 S.I.Net 会」を設立し、皆様に小型ヘリをご購入頂く一方、 ヘリの救援サポートや航空運送事業会社等への貸出しによる事業スキームを構築致しました。
皆様のご理解とお力添えのもと、ご協力頂けるオーナー様に最大のメリットをと考える次第です。

OWNED
AIRCRAFT

所有機体

JA101D

JA101D

R44

JA7907

JA7907

R44

JA9873

JA9873

AS350B

※所有予定ヘリコプター

JA24HM

JA24HM

R44

JA7928

JA7928

R44